2020年の成果と2021年 副業サラリーマンのストックフォトの方針

ストックフォト全般

明けましておめでとうございます。

先に12月の成果を書いてしまいましたが、改めて新年を迎えたということで、2020年の年間の実績を振り返ってみようと思います。

よく遅れながらも毎月成果ブログ自体は書いていたので、なんとなく去年よりは成績が悪いことは想像できていますが、改めて2020年の1年間を振り返って見ようと思います。

昨年同様、まずは2019年のまとめを振り返るところから始めたいと思います。

ストックフォトサイトDL数獲得クレジット年間収入
ShutterStock320178.8918,783円
Fotolia277260.439,054円
PIXTA2378.588,644円
Photo Library73,0373,037円
合計627-69,518円

2019年度は月平均にすると5,500円弱くらいの販売でした。

そこから1年間で何もしていなかったわけではないですが、ShutterStockのプランの改悪などもあり、どのくらい落ち込んだかが肝になります。

ということで、2020年の成果はこんな感じでした。

ストックフォトサイトDL数獲得クレジット年間収入
ShutterStock18667.427,079円
Fotolia25728,24928,249円
PIXTA848.625,331円
Photo Library31,5331,533円
合計454-42,192円

これでも登録枚数850枚くらい増えているのですが、想定以上に売上が落ち込んでしまっています。。。まぁ全体的に落ち込んではいるものの、やはりShutterStockがひどい数値をたたき出していますね。。。

186枚も販売しておいて、8枚しか売れていないPIXTAと僅差というのはちょっとまずい気がします。。。

毎月の成果を書いている段階で薄々気付いていましたが、月で割ると平均4000円/月を下回ってしまっているので、これはちょっとショックです。(それでも格安スマホのスマホ代くらいにはなるので、捨てたもんじゃありませんが)

過ぎたことをいつまでも引きずっていても意味がないので、2020年はコロナ禍ということもあり、写真が売れにくい時期なんだと割り切って、今後コロナが落ち着いたらまた旅行に行って良い写真を撮り続けるしかないですね。

今年は本業の役割も変わってしまったこともあり、今までのように余裕のある時期が減り、慢性的に忙しくなりつつありますが、写真が好きというのは変わらないので、今年も引き続きマイペースに写真を撮っていこうと思います。

2021年は本業にも集中しなければいけない時期が少なからずあるため、今までのように目標を立ててきちんとストックフォトと向き合うのは難しいかもしれませんが、月に1度成果をきちんとここで残しつつ、旅行に行った際には写真を撮って投稿していく予定です。

ですので、成果はあまり伸びていないですし、伸びる見込みも薄そうですが、少しでも他のストックフォトをやられている方や、これからストックフォトを始めてみようと思う方の参考になればと思っています。

今年も引き続きよろしくお願いします!

 

サラリーマン

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


実績報告
ストックフォトの実績報告(2021年6月)

    こんにちは、サラリーマンです。 仕事も落ち着いて余裕がある時期ですので、 …

実績報告
ストックフォトの実績報告(2021年5月)

    こんばんは、サラリーマンです。 4月分の成果報告がかなり遅くなってしまっ …

実績報告
ストックフォトの実績報告(2021年4月)

    こんばんは、サラリーマンです。 本業の忙しさと更新頻度が比例してしまい、 …