このブログでもご紹介していますが、現在私の使っているストックフォトサイトはShutterStock(シャッターストック)とFotolia(フォトリア)とPIXTA(ピクスタ)の3つです。

その3つに、先日行った沖縄の写真を同じ枚数アップロードしてみました。

 

ジンベイザメとマンタ

 

雨が降ったのもあってあまり良い写真が撮れず、今回アップロードしたのは40枚。

ShutterStock、Fotolia、PIXTAの3社に全く同じ写真をアップロードして、申請しています。

 

 

結果、

 

 

ShutterStock → 36/40(通過率90%)

PIXTA → 32/40(通過率80%)

Fotolia → 6/40(通過率15%)

 

という結果になりました。

完全に予想外です。

 

 

今まで散々「ShutterStockが最も審査が厳しい」と言い続けていましたが、今回に限っては一番通過率が良かったのがShutterStockでした。

 

確かに、ShutterStockは技術的な部分が審査基準になっていて、売れやすい構図やテーマなどについてはあまり考慮されないような印象があります。

一方、FotliaやPIXTAは技術はそれほど重要視されず、構図やテーマの重要度が高いというのも感じていました。

 

おそらくそれもあって、今回はFotolia的にはあまり良いテーマではなかったのかもしれませんね。

それでもここまで差が顕著に出るというのは予想外でしたが。

 

 

それにしても、ShutterStock90%という通過率は今まで出たこともありませんし、驚きです。

今までの平均通過率が10%~15%くらいだったので。

本当の理由はわかりませんが、撮影技術が上がってきたのかもしれません。

 

こうやって全く同じ基準で3社を比較してみると、だんだん見えてくるものがありますね。

ちなみに、今回アップした写真は、どの会社でもアップして数日後にはダウンロードがあったので、きっと写真の質やコンセプトは良かったんだと思います。

ちなみに、スマホで撮影してFotolia Instantにアップした写真もダウンロードされました。

 

 

最近はPIXTAのアップロード上限も上がり、月に100枚アップロードできるようになったので、アップロードするための写真撮影の方が追い付かないようになってきました。

逆に、撮れば撮るだけ売れるチャンスを増やせるということです。

ストックフォトで稼ぐために、加速する時期に入ってきたと思うので、撮影技術の向上ももちろんですが、アップロード作業も頑張って行こうと思います。