写真を売るためにはいくつかの事務的なステップがあります。

今日は私のやっている作業を簡単に羅列してみます。

 

 

世間一般のストックフォトのイメージはおそらく

 

「家で眠っている写真をアップしたら、それが収入に!」

 

的なイメージかと思います。

登録する写真が50枚くらいまでで、なおかつたまたま良く売れる写真があったならイメージ通りかもしれませんが、私の場合は枚数を増やすにつれて見えて来るイメージも変わってきました。

 

本音を言うと、ストックフォトをちゃんと副業ととらえて、稼ぐために頑張ろうとすると、意外と細かな部分にも手間がかかるということに気付きます。

 

そこで、今日は私がストックフォトで必要作業と認識している物をご紹介します。

(作業の棚卸をして、あわよくば効率化も図れればと密かに考えています)

 

 

(初回のみ)ストックフォトサイトに登録する。

写真を撮る

売れそうな写真の選別

(必要があれば)レタッチ

写真アップロード

売れそうなカテゴリーやキーワードを考える

キーワードやタイトルなどの索引情報を付ける

申請→結果待ち

 

 

こんな感じですかね。

 

 

また、私は全くレタッチをしていないので作業時間はゼロですが、アマナイメージズやアフロなど、質の高いサイトに登録している方々は、レタッチの手間がかかるかと思います。

 

こうやって見ると、一つ一つの作業はそれほど重くはありませんが、これが何百枚となるとなかなかの苦痛です。

この単純作業は、向き不向きがありますね。(私は飽きっぽいので苦手です)

 

 

そして、改めて作業を棚卸ししてみると、外注に出すとしたら登録部分しかないと気付きます。

他の部分はクリエイティブな作業になるので。

 

今年の目標の一つである外注を少しずつ進めて行こうと思います。