8月に入ってから細々とやっていたFotolia(フォトリア)のクリエイター登録&写真のアップロードがひと段落しました。

 

グアムの空

 

私は技術と機材不足のため、写真のレタッチ(補修)はしていないので、写真の登録がストックフォトをやっている中で一番大変で嫌な作業になります。

さらに、新しいサイトに登録をすると今まで他のストックフォトサイトに登録してきた写真や、他のサイトではNGをもらっているものの、自分では自信のある作品などを一から登録しなければいけません。

 

そして、ストックフォトのサイトによってアップロードや登録の方法が違うので、少し作業自体に慣れる必要もあります。

私は8月に入ってからFotoliaに初めて登録しました。
(実際は2010年に登録していたみたいですが、写真のアップはしていませんでした)

そのため、今回はかなり大変な作業でした。

 

私が普段旅行に行ったりする時は、行く場所にもよりますが、だいたい100枚~200枚の写真を撮ります。

そしてその中から出来の良い物や、売れそうだと思う物を登録するので、1回の登録はだいたい20~30枚程度というのが普通でした。

 

 

それが今回はおよそ850枚。

 

 

20枚でも少し腰が重い時があるのに、この枚数となると全くモチベーションが上がりません。

幸い登録するサイトはFotoliaだけですが、1日50枚ずつやっても17日かかります。

 

そして、やっているうちに気づいたのですが、Fotoliaの写真登録にはキーワードの選定補助ツールが無く、全て自分で入力しなければいけません。

さらに、登録ページでも、入力する欄の幅が広すぎるため、複数の作品を見比べながら登録というのがしずらいです。

 

文句を言いたい気持ちもありましたが、なんとか毎日コツコツと気が向いたタイミングで作品登録を繰り返し、20日近くかかってなんとか全部のファイルをアップロード・登録することができました。

正直やっつけ仕事感はありますが、今回の申請は初回のスタートダッシュということにして、次回からは丁寧にやっていこうと思います。

 

Fotoliaは審査基準も曖昧だという話も他の方のブログを見ているとよく見かけるので、今回出してNGになっているものも、後日再度出してみようかとも考えています。

 

 

このブログの右上に各サイトの写真登録枚数を載せていますが、現時点ではShutterStockを抜いてFotoliaが一番多くなりました。

稼いでいる方はそれぞれのサイトに数千枚~数万枚アップしているようなので、私も負けずに頑張って行こうと思います。

 

ひとまず、ひたすら登録というしんどい期間は終了です。