サイトによる審査のスピードの違い

最近やたらとPhotolibraryの審査が遅い気がしています。

なので、試しに各サイトに同じ日に写真を提出して審査にかかるスピードを比較してみました。

 

結果は以下の通り。

ShutterStock → 1日

Fotolia → 3日

PIXTA → 5日

Photolibrary → 13日

 

こうやって書いてみると、国内のサイトは審査が遅い印象を受けます。

体感的にはPIXTAの審査も若干以前よりも早くなった気もしますが、やはり海外勢が圧倒的に速いです。

ShutterStockなどは提出した30分後くらいに審査がされたりすることもあり、本当にちゃんと見てるのかと心配になることもありましたが、審査が早いとモチベーションも上がりますね。

逆に、フォトライブラリーは登録できる枚数も少ない上に、審査に時間がかかると、なかなか熱が入りません。

 

これが私だけなのか、他の人も同じようなスピード感なのかはわかりませんが、これだけ審査スピードに差があると、当然登録できる枚数にも差が出ます。

最近は申請できる写真は溜まっていたので、審査の早いShutterStockが一番枚数が伸びています。

 

Photolibraryも登録枚数を伸ばしたいと考えているので、なんとかスピードが改善されてくれないかと願うのみです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


その他
2018年の成果と2019年 副業サラリーマンのストックフォトの目標

改めまして、明けましておめでとうございます。 2015年の秋ごろに本格的にストックフォトを始めてから …

ストックフォト全般
PIXTAで月に1枚写真を売ると上位2%に入れます

PIXTAだけについて書きますが、今月は今日時点で定額制で7枚しか写真が売れておりません。 そうする …

その他
ストックフォト収入と確定申告

本業が忙しく、気が付けば2月になっていました。 確定申告に向けてそろそろ準備しなければいけない時期で …