12月のストックフォトの実績報告と、今年一年間の総まとめです。

ここで、年初に立てた計画と比べてどうか振り返ってみようと思います。

 

 

 

今年の最初はFotoliaの通算売上も100枚以下でしたし、PIXTAのアップロード上限も10枚だったため、かなり控え目な目標を立てていました。

今月でその目標に届いたかどうかがわかりますね。

 

早速、12月の成果を見てみようと思います。

 

 

 

[12月の実績]

ストックフォトサイトDL数獲得クレジット月間収入
ShutterStock1513.951,604円
Fotolia1615.082,262円
PIXTA33324円
Photo Library000円
合計38-4,190円

 

今までの推移からすると、そこそこ良い成績ではないでしょうか。

しかし、やはり単品売りが無かったため枚数は多いですが、金額はそれほど行かないという印象です。

 

では、年間を通じてどうだったのか。

上半期に頑張ったおかげで、PIXTAのアップロード上限も100枚になり、Fotoliaのクリエイターランクもアップし、順調にストックフォトライフを送っていました。

 

しかし、9月頃から出張や繁忙期があったこともあり、あまり写真を撮りに行くこともできませんでした。

以前撮った写真をアップしてなんとか登録枚数は増やしていたものの、元々そこまで考えて撮ってきた写真ではないので、やはり売上は上がりませんね。

 

一方で、登録枚数は増えていたため、後半にかけて若干売上は安定してきた気もします。

ということで、1年分の成果を纏めてみました。

 

ストックフォトサイトDL数獲得クレジット月間収入
ShutterStock205159.9617,596円
Fotolia219147.1222,068円
PIXTA87105.511,394円
Photo Library316201,620円
合計514-52,678円

 

 

個人的には、意外と枚数は売れているんだなぁという印象を受けます。

登録枚数は後半にかけて伸びているので、年の前半はあまり売れていないはずですが、単純に12で割ると月に40枚弱は売れている計算になります。

 

一方で、定額制でのダウンロードが多く、単価という意味では若干落ちる感じも受けますね。

それでもまぁお小遣い程度にはなっているという感じですかね。

 

カメラで稼いだお金でカメラ関連用品を買うと当初から決めているため、ひとまず来年は目標に掲げている、ワンランク上の一眼レフを買うことを目標に頑張ろうと思います。

 

ストックフォトを本格的に始めて1年弱が経ち、だいぶ勝手も分かってきたので、それを踏まえて2017年度の目標を立てようと思います。

目標はきちんと達成できるくらいにしたいので、また改めて書きますね。