前回Fotoliaの審査でNGをもらった写真を再度申請に出してみましたが、今回は世界一審査が厳しいもと言われるShutterStockでも同じことをしてみました。

 

キーボードとマウス

 

クリエイターをしていると、自分としては自信があるのに審査が通らないという写真がいくつもあります。

当然それぞれのサイトで独自の審査基準を持っているのですが、それにしても納得がいかないケースも少なからずあると思います。

 

他のサイトと比べて審査が厳しいと言われるShutterStock(シャッターストック)。

しかし、やはり納得がいかないものがあったので、再度トライしてみることにしました。

 


 

ShutterStockには以前から少しずつ写真をアップしていたので、トータルで800枚近く写真を申請していました。

その中には当然自信作とそうでもない写真があります。

 

結果的には約1割の80枚程度が審査を通過。

 

しかし、ShutterStockは構成やニーズよりも写真自体の質を重視していそうで、売れなそうな写真でも審査を通過してしまったりします。

逆に、売れそうな写真でも、少し質が悪かったりすると必ずNGになります。

 

Fotoliaの例があるので、もしかしたら審査官との相性が悪かっただけかもしれないと思い、他のサイトでは審査を通っていて、売れそうで、質も悪くないと信じている写真を50枚ほどピックアップして審査に出してみることにしました。

 

 

結果、全滅でした。

 

 

Fotoliaでは10%くらいは審査をパスできたので、ShutterStockでも1枚くらいは合格するかと思っていたのですが、この結果は予想外です。

さすがに質にこだわっているだけあって、基準がしっかりしているようですね。

 

疑ってしまってすみません。

審査を疑う暇があったら、大人しく写真の腕を磨くことにします。

 

私は今回は1枚も審査をパスできませんでしたが、もし再申請で審査を通過できたという方がいらっしゃったら、コメント欄で教えていただけたら嬉しいです。

 

また、次回はPIXTAでも同じことをやりたいと思ったりもしたのですが、PIXTAではNGを出し過ぎてしまったせいか、アップロードの枚数上限が少ないので、ちょっと難しいかと思います。

なので、次回はFotoliaでNGになった写真の検証を再度やってみようかと思っています。